化学グランプリ -High School Chemistry Grand Prix-

化学グランプリとは (2016年03月03日)

化学グランプリとは化学グランプリは、日本全国の高校生以下の皆さんの化学の実力を競い合う場として1999年より毎年開催されており、2016年も7月18日(月・祝日)の海の日に全国の会場で一次選考(マークシート式試験)を実施します。

そして、その中の成績優秀者約80名が二次選考に進出します。二次選考は実験をともなう記述式試験で、合宿形式で行います。

総合得点の上位5名に大賞、以下、順位により金賞・銀賞・銅賞が授与されます。

また、「化学グランプリ2016」に参加した中学3年生、高校1、2年生の中から20名程度が、2017年に開催の国際化学オリンピック・タイ大会代表候補に推薦されます。化学オリンピック代表候補には、認定証と学習用参考書が贈呈されます。

高校3年生は残念ながら国際化学オリンピックの代表候補にはなることができませんが、成績優秀者に特別な入学制度を設けている大学もありますので調べてみてください。

皆さんのチャレンジをお待ちしています!

主催:
「夢・化学-21」委員会, 公益社団法人日本化学会
共催:
独立行政法人科学技術振興機構, 高等学校文化連盟全国自然科学専門部, 名古屋大学(※二次選考)
後援:
文部科学省, 経済産業省